Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20140227]
Deathmade_convert_20140227225533.jpg

Deathmade - Dark Pop

これまではDemoとVAのみのリリースであった、IsraelのOleg Gomerと
SwedenのJonathan RoussoによるDeathmadeが、Self Releaseにて
1stタイトルである”Dark Pop”をリリースした。

”Dark Pop”と名づけられたアルバムではあるが、
その音はSynth Popからの流れを汲む純然たるDark Popとは
趣を異なるものとする。

Deathmade自らがEBM/ Industrial bandと記しているだけあり、
メロディアスであるが暗さとの両立のバランスを魅せつける
VoスタイルはEBMからの影響を強く受けたもの。
そして、派手な存在感を誇るLeedはDark Electroの要素を
強く感じさせる。

アタックの強いリズムトラックを含めたDeathmadeのサウンドメイクは、
EBM、Synth Pop、Dark Electroの融合を果たしつつ、Electro Gothicの
装飾を纏ったHyblidなものだ。

暗さとメロディアスさの絶妙具合は、個人的には
Fortification 55の進化系といったイメージすら感じさせる♪♪♪

Dark Pop

01. Enslaved 03:18
02. Planet Death 04:59
03. The New World 04:43
04. Digital Rain 03:55
05. Bad Girls Go To Hell 03:18
06. Play With Me 04:39
07. Our Revolution 04:10
08. Late Nights In Heaven 03:57
09. Fetish Deal 02:47

https://www.facebook.com/deathmade1




[ Categories ] | EBM| Electro-Gothic | Deathmade |

| Comment | Edit |
[20140226]
Menschliche+Energie_convert_20121225201259.jpg

Menschliche Energie - The Way Home

ドイツのSynth Popユニット、ReizstromのSingerであるMichael Stalzerの
ソロプロジェクト、Menschliche Energieが、Self- Releasedにて
最新作となる”The Way Home”をDigital Releaseした。

もの悲しいメロを擁したDark Synth Popを体現してきたMenschliche Energieだが、
有機的な音色、リフにより抑揚を演出、また、GtによるIndustrial要素など、
基本的にはそのスタンスを踏襲しつつも、随所に変化、革新を感じることができる。

メロディアスなVoスタイルは健在ながら、これまでのMenschliche Energieの
方向性を踏襲しながらも、ある意味実験的とも言える志向を模索していると言えよう。

Dark Synth Popの新たな可能性を秘めるMenschliche Energie。
要注目の必要があるだろう♪

The Way Home

01. The way (3:46)
02. Liberty (4:00)
03. Synapses glow (3:48)
04. Regret (4:13)
05. Black hole (4:06)
06. Brain freeze (3:26)
07. Eyes don't lie (4:29)
08. Fools are we (3:39)
09. The lonesome gambler (3:45)
10. Home (3:56)

https://www.facebook.com/Menschliche-Energie/


[ Categories ] | Synthpop| Electro | Menschliche Energie |

| Comment | Edit |
[20140225]
SchyzzodotCom.jpg

Schyzzo.Com - Striptease and Revolt

Advoxya Recordsより、3rdとなる”Striptease and Revolt”を
リリースしたHungaryのSchyzzo.Com。

”Interfear's Network”、”Sexshop”、そしてこの”Striptease and Revolt”
と、アルバムを重ねるごとに、Schyzzo.Comのオリジナリティは進化し続ける。

それはDubstepの要素を強力に見せ付ける独特の音世界を構築する。

これまでは、アグレッシヴなBeetを核としたElectroを基調としてきたSchyzzo.Com。
それは様々なElectroと呼ばれるサウンドを貪欲に取り入れたものであった。

”Striptease and Revolt”ではそれに加え、”California”にて耳にすることのできる
Shoegazerの雰囲気を前面に押し出した、GtによるIndustrial Rockへのアプローチを見せた
ことに驚かされた。

歌モノに特化すると共に、多様化するその方向性。

dubstepとIndustrialとのHyblidなサウンドメイクは一聴の価値ありです♪♪♪

Striptease and Revolt

01. It`s Your Life 4.11.
02. Double Helix 6.17.
03. California (Acoustic) 4.11.
04. Rouge 4.47.
05. California 4.59.
06. Lazer 4.10.
07. One Dollar For Your Body 4.39.
08. Afrobeats 3.49.
09. Battery 3.59.
10. Double Helix (Core) 3.00.
11. Rouge (Remix By Sunao Inami) 5.07.
12. Aenemia (Remix By Dirty Bird 13) 5.02.
13. One Dollar For Your Body (Remix By Niteshift) 4.11.
14. Rouge (Remix By Livingtotem) 5.21.

https://www.facebook.com/SchyzzoCom/




[ Categories ] | Electro | Schyzzo.com |

| Comment | Edit |
[20140224]
State Of The Union

State Of The Union - My Time Away

Infacted Recordings より最新作、”My Time Away”を
リリースした、Johann Sebastian率いるUSのState Of The Union。

当初はMelodic EBM、Future Popとしてのアプローチに重きを
置いていたState Of The Unionであるが、アルバムを重ねていくにつれ、
よりメロディアスなSynth Popへの傾倒が感じられる。

それは、よりメロディに特化したJohann SebastianのVoスタイルの
変化によるものだと言うことは、2010年にリリースされた”Dancing In The Dark”
にて顕著に表れる。

”My Time Away”では、これまでのSynth Pop志向へのアプローチは
更に昇華し、より輝きを増すこととなる。

メロディ重視の楽曲は限界まで突き詰められ、煌びやかなPadですらも
存在感を示すことなく、あくまでも楽曲の一部である音の構成要件の
ひとつに過ぎない・・・と言えば少し言い過ぎでもあろうか。

数々のFuture Popユニットが、様々なアプローチを模索するにあたり、
迷走するユニットも多く感じられたのだが、State Of The Unionのそれは、
まさに洗練され尽くしたと言える完成度を誇る。

だが、洗練され尽くしたが故に犠牲にした部分も否めない。
それは、メロディに特化した代わりに削がれたアグレッシヴな勢いであろう。
もちろんそれらが相反する要素であることは言うまでもないことなのだが。

また、イントロを耳にして非常に驚いたのだが、
Fusspils 11 やRavenousと共にFunker Vogtのサイドプロジェクトである
Fictionalの”Blue Lights ”のカヴァーが収録されていることにも
注目しなければならない。
Metropolis盤の”Fictitious [+]”では、Live Verも収録されていた
のだが、個人的には非常に気に入っていた1曲でもある。

だが、前述した、State Of The Unionの洗練されつくしたアプローチと、
良い意味でベタなモッサリ感を武器とするFictionalの整合性は、やはり取れるはずもなく、
むしろシンプルな楽曲であるがからこそ、State Of The UnionとFictionalの
Voスタイルとの違和感が際立った気がしないでもない。
(もちろん、その選曲の抜群なセンスは素晴らしいのだが)


今後のFuture Popのシーンを語る上で、State Of The Unionが持つ可能性には
常に注目しなければならないだろう。

個人的には”Eternally”で見せる、煌びやかさとグルーヴのバランスがオススメです♪♪♪

My Time Away

01 Elevate
02 My time away
03 Back to earth
04 Descent
05 Stupid song
06 Five minutes to midnight
07 Miracle
08 Dancing in the dark
09 Eternally
10 Blue lights
11 Dancing in the dark (Floor Mix)
12 French underground assault

https://www.facebook.com/StateOfTheUnionOfficial


[ Categories ] | Synthpop| Futurepop | State of the Union |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.



  • Contact:       Facebook