Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page

[20111223]
Abney+Park_convert_20111216195438.jpg

Abney Park - Ranch Hand Robbie and the
        Wasteland Wranglers - Off The Grid


最新作をリリースしたUSのSteampunkユニット、Abney Park。

これまでのAbney Parkは、Steampunkの世界観を体現しながら
ヴァイオリンやパーカッション、アコースティックGtなどを用い
ことさら無国籍風なイメージを持つオリエンタルでエスニック(?)な
魅力を放っていた印象だ。

もちろんそれにはGothicやDark Waveなどからの影響も少なからず
見られた気もしたのだが、それがAbney Parkの魅力の大きなファクターで
あったことは言うまでもないだろう・・・。

だが最新作となる”Off The Grid”では、これまで持っていた
Abney Parkのそういった印象は姿を消すこととなる。

CD Babyのジャンルでも”Country: Western”と分けられているように、
その音はこれまでのAbney Parkのアプローチとは袂を別つものとなる。
”The End of Days ”で感じることのできたクラシカルさやB級臭さは
完全に姿を消し、ヴァンジョー(なのかな?)を中心とした
カントリー(なのかな?)へのバンドサウンドへの方向に特化した。

だが、よくよく聴いてみると、個人的にはこれがモダンで結構良い感じなんです。
フォルクローレなんかを連想させるイメージの曲もあったりして♪♪♪

Synth色皆無なので、好き嫌いは別れるかもしれませんが・・・^^。

Off The Grid

01. Off the Grid
02. The Ballad of Ranch Hand Robbie
03. I've Been Wrong Before
04. Bad Things Coming
05. Evil Man
06. To the Apocalypse in Daddy's Sidecar
07. The Wrong Side
08. Stigmata Martyr
09. Aether Shanties
10. Increased Chances (The Apocalypse)
11. Space Cowboy
12. Neither One Lets Go

http://www.myspace.com/abneypark
Buy Album
Amazon.co.jp MP3 Download

[ Categories ] | Others | Abney Park |

| Comment | Edit |
[20101121]
was66d213.jpg

Abney Park - The End Of Days

蒸気機関や産業革命、飛行船などの世界観を持つSteampunkを標榜、
そしてコンセプトとして体現するUSのAbney Park。
もちろん最新作となる”The End Of Days”でもそれは継承される。

特徴的なヴァイオリンによるモダンでクラシカルな雰囲気は多国籍、
また無国籍な魅力を持つもの。
ダウナーさが一層増した感あるVoスタイルと、さらにその存在感が強調された
ヴァイオリンによる個性が一際際立つ。

メランコリックな一面と、映画のサントラをも思わせる側面とが絶妙に、
そして奇妙にもマッチした1枚。良いですね~♪これはオススメです♪♪♪

The_End_Of_Days.jpg

01. The End Of Days [3:24]
02. Neobedouin [3:41]
03. The Wrath Of Fate [3:05]
04. I've Been Wrong Before [2:54]
05. Inside The Cage [0:21]
06. Fight Or Flight [3:15]
07. Victorian Vigilante [4:12]
08. Chronograph [0:32]
09. Letters Between A Little Boy And Himself As An Adult [3:47]
10. Beautiful Decline [4:04]
11. Off The Grid [2:36]
12. To The Apocalypse In Daddies Sidecar [4:02]
13. Space Cowboy [3:11]

http://www.myspace.com/abneypark
Steampunk Market

[20091230]
frtghtrg5vdf4gvedsfv_convert_20091230191843.jpg

Abney Park - Aether Shanties

蒸気機関や産業革命をも連想させる、Cyberで近未来的なルックス、
コンセプトによりオリジナリティを演出するUSのAbney Park 。
そのAbney Park が、最新作となる”Aether Shanties”をリリースした。

メランコリックなアコースティックGtの旋律と、ヴァイオリン、
アコーディオンなどを用いたその楽曲は、Electroをベースにしつつも、
影を持つ悲壮感すらも漂うVoによりその完成度をさらに高める。
それは民俗音楽的なアプローチが含まれるノスタルジックな印象と共に、
モダンでもあり、そして情熱的でもある印象を受けるもの。

ergtrgdkodfkpovdgvk5156_convert_20091230192022.jpg

01. Under the Radar
02. Building Steam
03. Until the Day You Die
04. My Life
05. Wanderlust
06. Throw Them Overboard
07. The Derelict
08. Victoria
09. Aether Shanty
10. The Clock Yard
11. Too Far To Turn Back

http://www.myspace.com/abneypark
http://www.abneypark.com/

[ Categories ] | Others| Electro-Gothic| Electro | Abney Park |

| Comment | Edit |
[20090625]
dgr915236.jpg

Abney Park - The Death Of Tragedy

無国籍な妖しさ、毒の香りを持つUSのAbney Parkの05年。

全体的な印象は実験的なイメージも踏まえ、前作”From Dreams Or Angels ”で聴くことが
できたIndustrial色は淘汰されつつあり、よりElectronicにシフトしつつある感が感じられる。
退廃的で艶やかなElectro Gothicを体言したともいえる”The Wrong Side”では、
日本人好みともいえる物悲しくもある絶妙のコード進行、メロを見せる。

個人的にはAbney Parkの良さを最も表現したといえる”Stigmata Martyr”が
非常にお勧めです。
SYNTH POP風味の甘いVoラインが、中近東風なリフと相まって非常にカッコ良い♪
無国籍、またはアラビアンナイトなイメージが最も良く似合うユニットかもしれない・・・。

01 Stigmata Martyr (5:05)
02 The Wrong Side (3:31)
03 Dear Ophelia (4:51)
04 Witch Cult (0:25)
05 Sacrilege (2:58)
06 All The Myths Are True (3:08)
07 The Death Of The Hero (4:24)
08 Love (2:41)
09 Downtrodden (5:14)
10 False Prophecy (5:42)

http://www.abneypark.com/
http://www.myspace.com/abneypark






[ Categories ] | Electro-Gothic| Industrial | Abney Park |

| Comment | Edit |


Top Page


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook