Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page

[20130807]
Funker+Vogt_convert_20130806194923.jpg

Funker Vogt - Companion In Crime

Out Of Lineより、約3年振りとなる最新作”Companion In Crime”を
リリースしたGerman Electro-legend、Funker Vogt。

90年代より活動を続けるそのキャリアと、Fusspils 11、Fictional、
そしてRavenousなどのサイドユニットにおいて、Funker Vogtの存在感は
唯一無比の確固たるものとなった。

以前はアーミーコンセプトを伴いながら、グラウンダーの効いたリズムトラックによる
アグレッシヴさと、フックあるダンサブルなアッパー具合のバランスが絶妙である
Hard EBMへの方向性が際立っていたFunker Vogtだが、アルバムを重ねるごとに
徐々にその方向性は広がりを見せるものとなる。

曲名を見ると、アーミー的な方向性は依然かわっていないのだが、
凝ったリズムトラックでのミドルテンポのアプローチは、停滞感を漂わせつつも、
重厚さとドラマティックさに特化しながらFunker Vogtの
新たな可能性を感じさせるものへと進化した。

だが、それらにおいてもFunker Vogtの持つ独特のメロディアス具合は不変であり、
”Funker Vogt節”と言われるオリジナリティは誇示されながら固辞される。

多くのリスナーが持つであろうFunker Vogtのイメージ、例えばストレートな
リズムであったり、メロディアスさと共にソリッドな存在感を示すVoスタイルは
”Six Feet Under”、”Warrior Of The World”、さらにPVも公開されている
”The Firm”にて踏襲される。
それは聴く者の多くに安心感を与えてくれるものと共に、
Funker Vogtの魅力を再認識させてくれるには十分すぎるほどのクォリティだと言えよう。

個人的には疾走感をもつリズムが魅力的な”Six Feet Under”、”The Firm”、
そしてやはりメロディがFunker Vogt的(笑)な”Warrior Of The World”が
オススメなのだが、それに加えて、間違いなくFunker Vogt、そのものなのだけれども、
どこかFictionalやRavenousの息吹を感じさせる”Kill On Command”にも
注目してみて欲しい。

Companion In Crime

01. Columbine
02. Mein Weg
03. Religion
04. Six Feet Under
05. Kampf den Maschinen
06. Gott noch nicht
07. Kill On Command
08. Our Life
09. Kapitulation
10. Warrior Of The World (Lyrics By – Thomas Kroll)
11. The Firm
12. Revolution
13. Brüder

01. Soldat
02. Battlefield Of Love
03. Salvation
04. Columbine (MassacRemix By Suicide Commando)
05. Six Feet Under (Buried)
06. Gott noch nicht (Extended)

https://www.facebook.com/funkervogt.de
Amazon.co.jp


[ Categories ] | EBM| Electro | Funker Vogt |

| Comment | Edit |
[20120619]
Funker+Vogt_convert_20120617200251.jpg

Funker Vogt - Hard Way

Out Of Lineよりリリースされた、Funker Vogtの最新EP”Hard Way”。

直線的な硬質リズムと野太いVoスタイルを伴った武骨さ、
そしてそれに相反した聴きやすいメロディアスさという、
一見矛盾した音の調和は、これまでのFunker Vogtの方向性を
踏襲したものだ。

誰が聴いてもすぐにそれとわかる、”らしさ”を持つFunker Vogtの
その一貫性は、期待を裏切らない安定したクォリティを保つ。

Funker Vogt、そしてサイドユニットであるGecko Sector、Fusspils 11、
さらにFictionalやRavenousなどは、キャッチーなメロ好きな方には
非常にオススメできると思います♪(個人的にはですが^^)

Funker Vogt - Hard Way

01. Hard Way [4:18]
02. Hard Way [Ta Box Mix] [4:42]
03. Fabrik [3:27]
04. Hard Way [No Rules Mix] [6:02]
05. Fabrik [Mit Schwung An Die Arbeit Cover-Version Von Jager 90] [3:05]

http://www.myspace.com/funkervogt
Amazon.co.jp


[ Categories ] | EBM | Funker Vogt |

| Comment | Edit |
[20101025]
l_ba738af094f3629e4e33ecaa242787ce_convert_20101025110939.jpg

Funker Vogt - Blutzoll

Synthetic Symphony - SPVより、2CD”Blutzoll”がリリースされたばかりのFunker Vogt。
もはやその説明は不要であろう絶大な知名度と存在感を誇るのがFunker Vogtだ。

先行してリリースされたEP”Arising Hero”のClub Mixにて、硬質Hard EBMと
メロディアスさのバランスの秀逸さにさらに磨きがかかった印象を受けたのも
記憶に新しいところだ。
EPの”Arising Hero”には今作にも収録されている”My Innermost”も収録されているのだが、
それらを聴く限り、以前たとえられていたアーミーコンセプトのイメージよりも、
彼らのサイドユニットであるFictionalやRavenousのアプローチへ近くなったようにも思えた。
それも含め、個人的にはそのリリースに非常に期待していたタイトルが今作、”Blutzoll”。

前述したように”Arising Hero”では、そのサビのメロのキャッチーさを含めて
従来のFunker Vogtのイメージを引き継ぎつつ、メロディアスさに特化した楽曲となる。

”Genozid”ではミドルテンポでのEBM、そして”The State Within”ではストレートなリズム。
だがどれをとってもすぐにそれとわかる、メロディアスでありながらどこかもの悲しげなメロは
Funker Vogtのオリジナリティを十二分に表したものだ。

聴き進めて行くも、その絶妙にマイナーなリフと重なるメロ、そして時に危機感を演出する
リフには驚かされるばかりだ。

それらは過度にFictionalやRavenousなどと同様のSynth Popへのアプローチへと
向かうものではなく、従来のFunker Vogtのスタイルをしっかりと踏襲した、
良い意味で期待を裏切られた硬質でHardな音だと言える。

どこまで行ってもFunker Vogt。その一言に尽きる。

数々のMIXにおいても、そのMIXを手がけているユニットの名前を見れば一目でわかるように、
EBM、Industrial、Industrial Rock、Dark Electro、Rhythmic Noiseなど
の多彩なジャンルのユニットが手がけていることにも注目する必要があるだろう。

Blutzoll_convert_20101025110956.jpg

01. Arising Hero
02. Genozid
03. The State Within
04. Fire and Forget
05. Robots
06. Hold My Ground
07. Terroristen
08. Krieger
09. My Innermost
10. Bloodthirst
11. Black Waters
12. Arising Hero - Forgiven

01. Genozid (FGFC820 Remix)
02. Arising Hero (Rotersand Rework)
03. Fire and Forget (Remix by Dopestars Inc.)
04. The State Within (Vigilante Remix)
05. Wake Up!
06. Genozid (Goldremix by Eric Van Wonterghem)
07. Arising Hero (Faderhead Remix)
08. Fire and Forget (Die Krupps Remix)
09. The State Within (Revolution Remix by Punto Omega)
10. Urban War
11. My Innermost (Noblesse Oblige Remix)
12. Arising Hero (Factory Mix by Komor Kommando)
13. Fire and Forget (Mortiis Remix)
14. From the Flames

http://www.myspace.com/funkervogt
http://www.funkervogt.de/

[ Categories ] | EBM| Industrial | Funker Vogt |

| Comment | Edit |
[20090328]
avitor.jpg

Funker Vogt - Aviator

アーミーコンセプトを貫くFunker Vogtの
07年、METROPOLISよりの2CD-LTD。
全体的に直線的な派手さは影をひそめ、楽曲自体を
作りこんだ感あるアルバム。
BONUS DISCでは余りあるFunker vogt節を聴くことができる。

01 Welcome To Destruction (1:53)
02 Paralyzed (6:58)
03 Child Soldier (6:30)
04 City Of Darkness (5:28)
05 My Fortune (5:29)
06 Hostile Waters (6:10)
07 Thanatophobia (5:14)
08 Frozen In Time (4:52)
09 One (5:39)
10 Darwin's Nightmare (4:53)
11 Blind Rage (7:07)
12 Babylon (7:23)

01 Deathmachine (4:33)
02 Snow Was Falling (3:54)
03 Lost In Translation (4:54)
04 City Of Darkness (Downtown Mix) (4:34)
05 Child Soldier (Kopfschuss Mix) (5:36)
06 City Of Darkness (2nd Hookline Mix) (6:31)

http://www.funkervogt.de
http://www.funker-vogt.com
http://www.myspace.com/funkervogt

[ Categories ] | EBM| Industrial | Funker Vogt |

| Comment | Edit |


Top Page


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.



  • Contact:       Facebook