Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170812]
Vogon_Poetry_convert_20170812155502.jpg

Vogon Poetry - The Heart of Gold

2015年にリリースされた”The Prefect Stories”以来、
その動向を伺うことができなかった、SwedenのSynt Pop Act,
Vogon Poetryが、New Single”The Heart of Gold”と共に
帰ってきた!!!

リリースが予定されている、3rdアルバム
”Life、the Universe and Everything”からの
1stシングルカットとなるタイトルなのだが、
その内容はアルバムのリリースにも期待が持てるものとなる。

細かなベースとキックによるリズムトラックは、
非常にシンプルなのだが、タイトなアッパー感を
感じさせるには十分なものであり、それにより
Padを前面に押し出しながらSawと絡み合う特徴的なフレーズ、
そしてVoのメロディラインとのバランスが、
高次元で確立されていると言える。

Pad×Leed×Plucked(?)によるメインフレーズは、
主に3つ(後半は4つ)の音によるフレーズから
構成されているのだが、それぞれの音使いから始まり、
1つのフレーズとして完結する完成度が、
非常にセンスが良いことに驚かされる。
そして、それはまさにVogon Poetryの”Killer Tune”と
呼ぶことのできる仕上がりを誇るものだ。

過去より脈々と受け継がれる
SwedenのSynth Pop Sceneの魅力を、余すことなく
現在に見せ付けるVogon Poetry。
要注目のアーティストです♪

また、収録されているMIXも非常にカッコ良いので、
是非購入して体感してみてほしい♪

The_Heart_of_Gold_convert_20170812155542.jpg

1 Original mix
2 Peter Bolmehag Remix
3.Humble Hop Remix by Egil Axelsson
4 Oren Amram Synthesize Me Remix
Bonus (Only through Bandcamp) Official Video

https://www.facebook.com/vogonpoetrymusic
Amazon.co.jp









[ Categories ] | Synthpop | Vogon Poetry |

| Comment | Edit |
[20170314]
Rename_convert_20170314205921.jpg

Rename ‎– Anti

Niiemo Recordsより、約5年ぶりの最新作、
”Anti”をリリースした、ドイツのSynth Marcusによる
ソロプロジェクトであるRename。

今は亡きSynth PopレーベルであるA Different Drumより、
2004年にリリースされたDebut Album、”Culture”は、
多くのSynth Pop好きな方の琴線に触れたことも、
未だ記憶に新しい。

そしてアルバムを重ねるごとに進化してきた
Renameなのだが、今作”Anti”にても、
その進化の過程を感じることができる。

キャッチーなメロディは、より憂いと深みのあるものへと、
そして楽曲においては、随所にElectroな要素を
取り込んだものとなり、Renameのみならず、
Synth Popとカテゴライズされる音の変遷までをも、
リアルに体感することができるアルバムとなる。

個人的には”Firewall”がおススメですね♪♪♪

Anti.jpg

01. Avalanche Of Fear
02. Touch
03. The Boxer
04. Postfuneral
05. Firewall
06. My Neighbour Is A Sculpture
07. Still The Same Revolution But Only Without Me
08. Arithmetic
09. A Love Butterfly Effect
10. I Only Wanted To Be An Orchestra

http://www.rename-music.com/
Amazon.co.jp


[ Categories ] | Synthpop | Rename |

| Comment | Edit |
[20170228]
Llumen_convert_20170228211334.jpg

Llumen ‎– The Memory Institute

2016年に先行してリリースされたEP、”Cold In December”の
クォリティの高さに驚かされたことも記憶に新しい、
BelgiumのPieter Coussementによるソロプロジェクトである
Llumenが、Alfa Matrixより、Debut Album
”The Memory Institute”をリリースした。

”Cold In December”での、Electro要素をを強く持つ、
冷たい空気感を纏った、EBM、Synth Popの狭間を征く方向性は、
近代的でありながらも、どこかRetro Futureなイメージが
あったのだが、その独特の志向に魅了された方も
きっと多かったことでしょう。

映画やゲームなんかの導入時をも思い起こさせる
壮大さを伴うオーケストレーションから幕を開ける今作であるが、
続く”New Moon Rise”へと繋がるバランスは、
楽曲のアレンジを含めて、非常に興味深いものとなる。

”Where We Collide”では、Future Popにも通じる
メロディアスさとアッパーさを感じさせるのだが、
その楽曲と音作りは細部まで非常に凝ったものであり、
リスナーを驚かせるのには十分すぎるほどの完成度を見せ付ける。

あくまでも個人的なイメージなんだけれども、
”Where We Collide”や”Lux Aeterna”あたりは、
Cesium137が新譜を出したら、きっとこんな曲になるのかな・・・
って印象でしょうか。

個人的にはAssemblage 23を激しく想起させる、
”World On Mute”あたりがお気に入りなのですが、
MIXに入っていないのが少し悲しいところか・・・♪

アルバムを通して聴いてみても、ただただ驚かされる。
特に、Gothic Cultureとカテゴライズされる音の中で
DTMしてる方は、是非聴いてみてほしい。
(ただし当方を含めて初心者に限る。難しいことはよくわからん。
きっとEDMとかの人は詳しいんだろうなぁ)

とりあえずGrreeaaaattttt!!!!!!!! おススメ♪♪♪

The Memory Institute

01. The Memory Institute / New Moon Rise
02. Silicon Cinema
03. Cold In December
04. Where We Collide
05. Lux Aeterna
06. Force Of Nurture
07. World On Mute
08. Death Walks On High Heels
09. Huntress

01. Where We Collide (LLUMEN Vs VUDUVOX Remix)
02. Force Of Nurture (Diffuzion Remix)
03. Silicon Cinema (Mildreda Remix)
04. Death Walks On High Heels (Sinfusion Remix)
05. Lux Aeterna (Venal Flesh Remix)
06. Cold in December (Psy’Aviah Remix)
07. Silicon Cinema (Totem Obscura Vs. Acylum Remix)
08. Death Walks On High Heels (Benjamin's Plague Remix)
09. Huntress (Noire Antidote Remix)
10. Death Walks On High Heels (Antibody Remix)
11. Cold in December (Diskonnekted Remix)
12. Lux Aeterna (Simon Carter’s Breaks Mix)

https://www.facebook.com/Llumen-official/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | EBM| Synthpop| Futurepop | Llumen |

| Comment | Edit |
[20170215]
For_All_The_Emptiness_convert_20170215204010.jpg

For All The Emptiness - mt ep

過去に2枚のアルバムをしている、Canadaの
For All The Emptinessが、2017年新たなEPである
”mt ep”をリリースした。

残念ながら、これまでのタイトルについては
耳にする機会がなかったのであるが、
今作においては、フックあるリズムトラックを擁する、
Future Popへの志向を強く感じることができる。

煌びやかなPadに加えSolidなLeed、Sawを配した
サウンドメイクはアッパーさを強力に押し出した
ものであると共に、Synth Popとしての側面にも
つながる、まさに正統的なFuture Popと呼ぶことのできるもの。

そして、そのFuture Popとしての体面の重要な素養である
メロディアスなVoラインが、輪郭のはっきりとしたものであり、
感情的でエモーショナルなメロディを誇る、絶大な存在感を示す。

音作りとしては、比較的シンプルなアプローチなのであるが、
そのバランスは素晴らしいものであり、
Future Pop好きな方には是非注目してほしい、
非常に完成度の高いクォリティを体感することができる♪♪♪

”Future Pop is Not Dead”!!!!!

mt_ep_convert_20170215204033.jpg

01 - Seduced By A Disease 05:27
02 - You Hurt 03:24
03 - I'll Remember Confusion 03:41
04 - Hearts Against Minds 04:25
05 - Stronger Than Before 04:04

https://www.facebook.com/foralltheemptiness
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Futurepop| Synthpop | For All The Emptiness |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook