Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170228]
Llumen_convert_20170228211334.jpg

Llumen ‎– The Memory Institute

2016年に先行してリリースされたEP、”Cold In December”の
クォリティの高さに驚かされたことも記憶に新しい、
BelgiumのPieter Coussementによるソロプロジェクトである
Llumenが、Alfa Matrixより、Debut Album
”The Memory Institute”をリリースした。

”Cold In December”での、Electro要素をを強く持つ、
冷たい空気感を纏った、EBM、Synth Popの狭間を征く方向性は、
近代的でありながらも、どこかRetro Futureなイメージが
あったのだが、その独特の志向に魅了された方も
きっと多かったことでしょう。

映画やゲームなんかの導入時をも思い起こさせる
壮大さを伴うオーケストレーションから幕を開ける今作であるが、
続く”New Moon Rise”へと繋がるバランスは、
楽曲のアレンジを含めて、非常に興味深いものとなる。

”Where We Collide”では、Future Popにも通じる
メロディアスさとアッパーさを感じさせるのだが、
その楽曲と音作りは細部まで非常に凝ったものであり、
リスナーを驚かせるのには十分すぎるほどの完成度を見せ付ける。

あくまでも個人的なイメージなんだけれども、
”Where We Collide”や”Lux Aeterna”あたりは、
Cesium137が新譜を出したら、きっとこんな曲になるのかな・・・
って印象でしょうか。

個人的にはAssemblage 23を激しく想起させる、
”World On Mute”あたりがお気に入りなのですが、
MIXに入っていないのが少し悲しいところか・・・♪

アルバムを通して聴いてみても、ただただ驚かされる。
特に、Gothic Cultureとカテゴライズされる音の中で
DTMしてる方は、是非聴いてみてほしい。
(ただし当方を含めて初心者に限る。難しいことはよくわからん。
きっとEDMとかの人は詳しいんだろうなぁ)

とりあえずGrreeaaaattttt!!!!!!!! おススメ♪♪♪

The Memory Institute

01. The Memory Institute / New Moon Rise
02. Silicon Cinema
03. Cold In December
04. Where We Collide
05. Lux Aeterna
06. Force Of Nurture
07. World On Mute
08. Death Walks On High Heels
09. Huntress

01. Where We Collide (LLUMEN Vs VUDUVOX Remix)
02. Force Of Nurture (Diffuzion Remix)
03. Silicon Cinema (Mildreda Remix)
04. Death Walks On High Heels (Sinfusion Remix)
05. Lux Aeterna (Venal Flesh Remix)
06. Cold in December (Psy’Aviah Remix)
07. Silicon Cinema (Totem Obscura Vs. Acylum Remix)
08. Death Walks On High Heels (Benjamin's Plague Remix)
09. Huntress (Noire Antidote Remix)
10. Death Walks On High Heels (Antibody Remix)
11. Cold in December (Diskonnekted Remix)
12. Lux Aeterna (Simon Carter’s Breaks Mix)

https://www.facebook.com/Llumen-official/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | EBM| Synthpop| Futurepop | Llumen |

| Comment | Edit |
[20170215]
For_All_The_Emptiness_convert_20170215204010.jpg

For All The Emptiness - mt ep

過去に2枚のアルバムをしている、Canadaの
For All The Emptinessが、2017年新たなEPである
”mt ep”をリリースした。

残念ながら、これまでのタイトルについては
耳にする機会がなかったのであるが、
今作においては、フックあるリズムトラックを擁する、
Future Popへの志向を強く感じることができる。

煌びやかなPadに加えSolidなLeed、Sawを配した
サウンドメイクはアッパーさを強力に押し出した
ものであると共に、Synth Popとしての側面にも
つながる、まさに正統的なFuture Popと呼ぶことのできるもの。

そして、そのFuture Popとしての体面の重要な素養である
メロディアスなVoラインが、輪郭のはっきりとしたものであり、
感情的でエモーショナルなメロディを誇る、絶大な存在感を示す。

音作りとしては、比較的シンプルなアプローチなのであるが、
そのバランスは素晴らしいものであり、
Future Pop好きな方には是非注目してほしい、
非常に完成度の高いクォリティを体感することができる♪♪♪

”Future Pop is Not Dead”!!!!!

mt_ep_convert_20170215204033.jpg

01 - Seduced By A Disease 05:27
02 - You Hurt 03:24
03 - I'll Remember Confusion 03:41
04 - Hearts Against Minds 04:25
05 - Stronger Than Before 04:04

https://www.facebook.com/foralltheemptiness
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Futurepop| Synthpop | For All The Emptiness |

| Comment | Edit |
[20170116]
X-O-PLANET_convert_20170116220417.jpg

X-O-Planet - Passengers

2016年末にXOP_electronicaより、Debut Albumとなる
”Passengers”をリリースした、X-O-Planet。

X-Perienceでの活動に加え、Illuminateの”Grenzgang ”、
さらにはJesus On Extasyの”The Clock”などにも
参加してきたことで知られるManja、そしてGodericによる
New Projectであるのだが、そのキャリアを知れば
興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

EBMライクなダウナーなリズムトラックを擁し、
Female Voにより形作られるサウンドメイクは、
方向性としてはFuture Pop寄りなのではあるのだが、
基本としては、アッパーさを求めることなく、
あくまでもミドルテンポでのSynth Popへと傾倒しているものだ。

楽曲のスタンスとしても、リフやフレーズを求めることなく、
あくまでもコードに沿った音飾による、
Voのメロディライン、存在感に追従するスタンスとなる。

しかし、やはりFemale Voによる透き通った清涼感を伴う
サウンドについては、個人的に看過できないものであり、
聴き進めていく中で、”Anyway”を耳にすることで、
X-O-Planetの魅力が確信に変わった。

RegeneratorやDust Of Basement、Swarfあたりが
好みの方には非常におススメです♪♪♪

Greeaaattt!!!!!!

Passengers.jpg

01 - Prelude
02 - Can’t Sustain
03 - Exoplanet
04 - Seek And Hide
05 - Passengers
06 - Interlude
07 - Remember
08 - Anyway
09 - Vice Versa
10 - Outerspace
11 - Postlude

https://www.facebook.com/XOPlanet/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Female-Vocalists| Synthpop| Futurepop | X-O-Planet |

| Comment | Edit |
[20161214]
Covenant_convert_20160911154642.jpg

Covenant - The Blinding Dark

先行してリリースされたEP、”Sound Mirrors”にて、
グルーヴと共にある、メロディアスでクールなVoスタイルという、
Covenantの不変たる魅力を爆発させた。

Dependent Recordsよりリリースされた最新作、
”The Blinding Dark”だが、残念なことにキラーチューンと
なりえるのは、やはり”Sound Mirrors”だ。

最もCovenantらしい、Floor志向でもある楽曲が
”Sound Mirrors”のみなのは少々寂しい気もするが、
どの楽曲も非常に凝られたものであり、そのクォリティの
高さには驚かされる。

純然たるSynth Pop - Electroへと、その舵を切るアルバムなのだが、
”I Close My Eyes”や”Cold Reading”のベースラインなんかは、
「あぁ、やっぱりCovenantだわ・・・」と
妙に安心させられる。

ある意味では実験的に映る部分もあるが、
そこはCovenant。だまって聴くべし。うむ。

The Blinding Dark

01. Fulwell (intro) (02:12)
02. I Close My Eyes (05:52)
03. Morning Star (04:21)
04. Cold Reading (04:54)
05. A Rider On A White Horse (05:21)
06. Interlude (01:50)
07. Dies Irae (04:33)
08. Sound Mirrors (Fulwell) (05:03)
09. Interlude (01:06)
10. If I Give My Soul (05:43)
11. Summon Your Spirit (05:21)

http://www.covenant.se/
https://www.facebook.com/Covenant-OFFICIAL/
Amazon.co.jp


[ Categories ] | Synthpop| Futurepop | Covenant |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook