Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170221]
Kant_Kino_convert_20170221202731.jpg

Kant Kino - Kopfkino

Alfa Matrixより、3rdとなる”Kopfkino”を
リリースした、NorwayのKant Kino。

Kant Kinoの持つ素養は実に幅広く、
EBMをその根幹としながらも、Synth Pop、Electro
などにも触手を伸ばすものだ。

今作においても、その方向性は変わることなく、
完成形へと導かれる。

個人的に興味を惹かれるのが、”Closer”で
体感することのできる、アッパーなリズムトラックによる、
どこかSpark!あたりを思い起こさせもする、
パワフルなEBMチューンなのだが、こういう楽曲こそ、
ヴィンテージなシンセを用いるKant Kinoの持つ魅力を、
十二分に発揮しているように感じる。

続く”NIMBY”では、シャッフルのリズムによる、
一見、LETETHER STRIPか?と思わせる歌メロからの、
まさかのSynth Popへと衝撃の展開を見せ、聴く者を驚かせる。

そして、さらに続く”Control”では、初期の
Apoptygma Berzerkを想起することができるし、
他にもICON OF COILなんかを想起させる”Want”や、
Female ヴォーカルやコーラスなど、聴きこむほどに
魅力に気づかされるアルバムと断言できる。

幅広い音楽性を消化しつつ昇華した、Kant Kino。
もちろん要注目!!!!!!

Kopfkino.jpg

01. Kant Kino v3.0
02. Real
03. Closer
04. NIMBY
05. Control
06. Kobner Phenomenon
07. Annihilate
08. Wrong
09. Belief
10. Want
11. Step Up
12. Maybe
13. Substaat
14. Nag Gag (Slower)

01. Nag Gag (Quieter)
02. Life (KK-Work)
03. Brains (KK-Work)
04. Third Down (KK-Work)
05. Wasted (KK-Work)
06. Sino (KK-Rework)
07. Silhouettes (KK-Rework)
08. Life (Matt Echo Remix)
09. Koebner (Atropine Remix)
10. Wasted (The Messenger Got Wasted Remix By A-E)
11. Maybe (Technomancer Remix)
12. Step Up (Simon Carter Remix)
13. Third Down (Electro Ferret Remix)
14. Wasted (Lurendrei Remix)
15. Nag Gag (Antibody Remix)

https://www.facebook.com/kantkinofanpage
http://www.kantkino.no/
Amazon.co.jp








[ Categories ] | EBM| Electro| Industrial | Kant Kino |

| Comment | Edit |
[20170206]
Absurd_Minds_convert_20170206193904.jpg

Absurd Minds - Tempus Fugit

Scannerより、約7年振りとなる最新作、
”Tempus Fugit ”をリリースした、Absurd Minds。

EBM、Electro、Synth Popの混在するアプローチは
そのままにしながらも、さらに”聴かせる”ことに主眼を
置いたアルバムとなる今作。

ミドルテンポにての楽曲を中心としているのだが、
Stefan GrossmannのくぐもったVoスタイルの魅力との
バランスが秀逸であるが故に、Absurd Mindsの
オリジナリティの確立という意味では、
ある意味完成形と呼ぶことができるかもしれない
非常に高いクォリティを見せ付ける。

メロウなメロディアスさが映える音作りは、
MIXやマスタにおいてでのミドルの効果的なバランスに
よることも大きいだろうと感じる♪

Tempus Fugit

01. Time Travel
02. Farewell
03. Kreuzfeuer
04. Now We Hear The Call
05. One World
06. For Those Who Love
07. Last Walk
08. Threnody
09. Guardian
10. Design Or Coincidence
11. Hourglass
12. Zeropoint

https://www.facebook.com/AbsurdMinds/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Synthpop| Electro| EBM | Absurd Minds |

| Comment | Edit |
[20170125]
RATIONAL_YOUTH_convert_20170125200248.jpg

Rational Youth ‎– Future Past Tense

80年に結成され、85年には活動を休止、
そして97年の再結成後はDigital PoodleのJean-Claude Cutzが
参加するなどの紆余曲折を経て、現在はTracy Howe夫妻での
活動を続ける、CanadaのRational Youthが、
Artoffact Recordsより、最新EPである
”Future Past Tense”をリリースした。

Kraftwerkの影響を、色濃く反映した方向性が
特徴的であったRational Youthだが、現在においても
そのMinimalな面影は十二分に感じ取ることができる。

シンプルなシーケンスとバンドサウンドの構成を持つ
楽曲のバランスは、New WaveやPost Punkの要素をも
感じさせるものであり、単にSynth Popと呼ぶことにも
少し躊躇いを覚えるものだ。

しかし、80sを思い起こさせる方向性は、
Rational Youthの歴史と共にあるものであり、
そこには重みと共に畏敬の念すら感じざるを得ない。

”This Side Of The Border”のPVを見てもわかるが、
結構お年を召されている感のあるご夫婦なのだが(そらそうだわな)、
出してる音は非常にクールであり、かなりカッコ良い♪♪♪

音楽性はもちろんのこと、生き方と年齢の重ね方の
カッコ良さも含めて、理想の夫婦像と
言えるのではないでしょうか♪

いろんな意味でGrreeeaaaatttttt!!!!!!!!!!

Future Past Tense

01. This Side Of The Border (03:46)
02. Western Man (03:28)
03. In The Future (04:00)
04. Here It Comes Again (04:16)
05. Prison Of Flesh (03:09)
06. Unveiling The Secret (The Word Made Flesh) (03:32)

07. The Face Of Dorian Gray (Featuring Johan Baeckström) (03:30)
08. Dancing To The Fall Of The Berlin Wall (03:50)
09. This Side Of The Border (Decoded Feedback Remix) (04:45)
10. Here It Comes Again (Mars TV Redux) (04:15)
11. Western Man (MX Carisma Remix) (03:36)
12. This Side Of The Border (Diskodiktator Remix) (04:05)
13. Prison Of Flesh (Johan Baeckström Remix) (03:53)
14. Here It Comes Again (Diskodiktator Remix) (05:37)

https://www.facebook.com/RationalYouth/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Synthpop| Electro| Others | Rational Youth |

| Comment | Edit |
[20170120]
Mari_Kattman_convert_20170120185020.jpg

Mari Kattman - Hover

2016年、Self-releasedにて、First album
”Hover”をリリースした、USのTrip Hopプロジェクト
であるMari Kattman。

ダウナーでいて、浮遊感を伴うEtherealな方向性は、
Female Voによる存在感が、非常に大きいものだ。

比較的、リフの輪郭、リズムがしっかりとした楽曲と、
妖しさと共にある、クールでスタイリッシュな
Voスタイルのバランスは素晴らしいものであり、
楽曲の方向性と相まって、Trip Hopを基調としてはいるのだが、
それに捕らわれることのない、幅の広いアプローチを
体感することができる。

個人的にはElectro Popにその舵を向けた、
”Invisible”、”Full Of Light”が非常におススメです♪

Hover.jpg

01. Heart Over Mind (3:56)
02. Skin (4:18)
03. The Tide (4:24)
04. Hunter (4:09)
05. Hearts On Fire (4:03)
06. Reanimator (4:03)
07. Numb (5:25)
08. Invisible (3:52)
09. Full Of Light (4:44)

https://www.facebook.com/MariKattman/
Amazon.co.jp









Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook