Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170313]
V2A_convert_20170313202246.jpg

V2A - Heretic

Darktunes Music Groupより、5thとなる
”Heretic”をリリースした、UKのV2A。

CyberなLeedを擁する、Floor志向の強い楽曲が
特徴的であったV2Aだが、今作においては、
それに加えてIndustrialな要素を加味するなど、
新たな試みも垣間見ることができる。

それは展開に力を入れた感にも映る、
非常に凝ったものなのだが、
基本的にはLeedの音色と音圧にて楽曲の印象を
強力にイメージ付ける方向性であり、
これまでのV2Aの方向性を踏襲したものであると言える。

その中でも、個人的に一押しなのが、”Burn the Witch”だ。

速めのBPM、そして初聴きに際しての見事な展開の裏切り、
さらにはサビのフレーズのもの悲しさは、日本人の琴線に
触れるものであると断言できる。

いやー”Burn the Witch”カッコ良いな~♪♪♪

Heretic.jpg

01 War Boy
02 Sinner
03 Atomic Biological Chemical
04 Lord
05 Hate is just a 4 letter word (Shock Therapy cover)
06 Purge
07 Burn the Witch
08 Ikons of Ikons
09 End of Time

https://www.facebook.com/v2amusic/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Industrial| EBM | V2A |

| Comment | Edit |
[20170228]
Llumen_convert_20170228211334.jpg

Llumen ‎– The Memory Institute

2016年に先行してリリースされたEP、”Cold In December”の
クォリティの高さに驚かされたことも記憶に新しい、
BelgiumのPieter Coussementによるソロプロジェクトである
Llumenが、Alfa Matrixより、Debut Album
”The Memory Institute”をリリースした。

”Cold In December”での、Electro要素をを強く持つ、
冷たい空気感を纏った、EBM、Synth Popの狭間を征く方向性は、
近代的でありながらも、どこかRetro Futureなイメージが
あったのだが、その独特の志向に魅了された方も
きっと多かったことでしょう。

映画やゲームなんかの導入時をも思い起こさせる
壮大さを伴うオーケストレーションから幕を開ける今作であるが、
続く”New Moon Rise”へと繋がるバランスは、
楽曲のアレンジを含めて、非常に興味深いものとなる。

”Where We Collide”では、Future Popにも通じる
メロディアスさとアッパーさを感じさせるのだが、
その楽曲と音作りは細部まで非常に凝ったものであり、
リスナーを驚かせるのには十分すぎるほどの完成度を見せ付ける。

あくまでも個人的なイメージなんだけれども、
”Where We Collide”や”Lux Aeterna”あたりは、
Cesium137が新譜を出したら、きっとこんな曲になるのかな・・・
って印象でしょうか。

個人的にはAssemblage 23を激しく想起させる、
”World On Mute”あたりがお気に入りなのですが、
MIXに入っていないのが少し悲しいところか・・・♪

アルバムを通して聴いてみても、ただただ驚かされる。
特に、Gothic Cultureとカテゴライズされる音の中で
DTMしてる方は、是非聴いてみてほしい。
(ただし当方を含めて初心者に限る。難しいことはよくわからん。
きっとEDMとかの人は詳しいんだろうなぁ)

とりあえずGrreeaaaattttt!!!!!!!! おススメ♪♪♪

The Memory Institute

01. The Memory Institute / New Moon Rise
02. Silicon Cinema
03. Cold In December
04. Where We Collide
05. Lux Aeterna
06. Force Of Nurture
07. World On Mute
08. Death Walks On High Heels
09. Huntress

01. Where We Collide (LLUMEN Vs VUDUVOX Remix)
02. Force Of Nurture (Diffuzion Remix)
03. Silicon Cinema (Mildreda Remix)
04. Death Walks On High Heels (Sinfusion Remix)
05. Lux Aeterna (Venal Flesh Remix)
06. Cold in December (Psy’Aviah Remix)
07. Silicon Cinema (Totem Obscura Vs. Acylum Remix)
08. Death Walks On High Heels (Benjamin's Plague Remix)
09. Huntress (Noire Antidote Remix)
10. Death Walks On High Heels (Antibody Remix)
11. Cold in December (Diskonnekted Remix)
12. Lux Aeterna (Simon Carter’s Breaks Mix)

https://www.facebook.com/Llumen-official/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | EBM| Synthpop| Futurepop | Llumen |

| Comment | Edit |
[20170226]
Cephalgy_convert_20170226213440.jpg

Cephalgy - Gott Maschine Vaterland

Out Of Lineより、5thとなる”Gott Maschine Vaterland”を
リリースした、GermanyのCephalgy。

前作、”Leid Statt Liebe ‎”から、約6年振りの
リリースとなる今作なのだが、
前作に収録されていた”Durch Die Nacht”が、
個人的に非常に大好きな曲だったこともあり、
今作の期待値も自ずと上がってしまうのは、
致し方ないところか。

前作と大きく印象を変えたのは、リズムトラックを始め、
全体から大きく削がれたSolidさであろう。

”Symphony Of My Heart”では、Gtの存在感、
そしてVoスタイルの雰囲気も相まって、
NDHへのアプローチが際立つものとなる。
若干のメロディアスさを感じさせるEBMから、
よりVoの存在感を重視した、メロディアスな方向へ
軸を移したそのスタンスは、
まぁ、Out Of Lineっぽいと言えばそうなんでしょうが、
ドラマティックな方向性が強すぎるあまり、
少し意外、というか残念な気がしないでもない。

個人的には、タイトなリズムトラックと低音Voのバランスが
秀逸な”Willst Du”、そしてFemale Vo、コーラスが魅力的な
”Gefallene Liebe”、”Burning Heart”あたりがおススメです♪♪♪

Maschine Vaterland

01. Anatomie
02. Bei Dir Sein
03. Gott Maschine Vaterland
04. Symphony Of My Heart
05. In My Head
06. Never Ending Life
07. Gefallene Liebe
08. Willst Du
09. Burning Heart
10. Utopia
11. Verfluchter Leib
12. Fur Dich
13. Blut Zu Blut
14. Es Tut Mir Leid (Outro)

https://www.facebook.com/Cephalgy/
Amazon.co.jp


[ Categories ] | EBM| Industrial | --- |

| Comment | Edit |
[20170223]
Cease2Xist_convert_20170223230259.jpg

Cease2Xist - Zero Future

Armalyte Industriesより、通算4枚目のアルバムとなる
”Zero Future”をリリースした、UKのCease2Xist。

EBM、Industrialとしてのアプローチを基調としながらも、
Cease2Xistの方向性からは、随所にオリジナリティを
感じ取ることができる。

鬼気迫るVoスタイルからは、Dark Electroや
Aggrotech、またはPunkへの志向が強く感じられるのだが、
サウンドメイクとしては、Old School Industrialな
傾向が強いものとなる。
しかし、アルバムを通して耳を傾けてみると、
AmbientやTechno、Rhythmic Noise、さらにはMetalなどの
要素も窺うことができ、幅広いインスピレーションにより、
その方向性を定めていることが理解できる。

歪んだGtが存在感を発揮するサウンドは、
90年代中ごろまでのUSのIndustrialが好きな方には、
激しくおススメできる1枚だと断言できるものだ♪♪♪

Zero Future

01. Remove The Head Of The Snake
02. Make The World A Bitter Place
03. Mechanical Medicine
04. Augury And Innocence
05. Dirty World
06. Take Comfort In The Void
07. Bosozuku Nights
08. Zero Future

https://www.facebook.com/cease2xistuk
Amazon.co.jp





[ Categories ] | Industrial| EBM | Cease2Xist |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook