Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170221]
Kant_Kino_convert_20170221202731.jpg

Kant Kino - Kopfkino

Alfa Matrixより、3rdとなる”Kopfkino”を
リリースした、NorwayのKant Kino。

Kant Kinoの持つ素養は実に幅広く、
EBMをその根幹としながらも、Synth Pop、Electro
などにも触手を伸ばすものだ。

今作においても、その方向性は変わることなく、
完成形へと導かれる。

個人的に興味を惹かれるのが、”Closer”で
体感することのできる、アッパーなリズムトラックによる、
どこかSpark!あたりを思い起こさせもする、
パワフルなEBMチューンなのだが、こういう楽曲こそ、
ヴィンテージなシンセを用いるKant Kinoの持つ魅力を、
十二分に発揮しているように感じる。

続く”NIMBY”では、シャッフルのリズムによる、
一見、LETETHER STRIPか?と思わせる歌メロからの、
まさかのSynth Popへと衝撃の展開を見せ、聴く者を驚かせる。

そして、さらに続く”Control”では、初期の
Apoptygma Berzerkを想起することができるし、
他にもICON OF COILなんかを想起させる”Want”や、
Female ヴォーカルやコーラスなど、聴きこむほどに
魅力に気づかされるアルバムと断言できる。

幅広い音楽性を消化しつつ昇華した、Kant Kino。
もちろん要注目!!!!!!

Kopfkino.jpg

01. Kant Kino v3.0
02. Real
03. Closer
04. NIMBY
05. Control
06. Kobner Phenomenon
07. Annihilate
08. Wrong
09. Belief
10. Want
11. Step Up
12. Maybe
13. Substaat
14. Nag Gag (Slower)

01. Nag Gag (Quieter)
02. Life (KK-Work)
03. Brains (KK-Work)
04. Third Down (KK-Work)
05. Wasted (KK-Work)
06. Sino (KK-Rework)
07. Silhouettes (KK-Rework)
08. Life (Matt Echo Remix)
09. Koebner (Atropine Remix)
10. Wasted (The Messenger Got Wasted Remix By A-E)
11. Maybe (Technomancer Remix)
12. Step Up (Simon Carter Remix)
13. Third Down (Electro Ferret Remix)
14. Wasted (Lurendrei Remix)
15. Nag Gag (Antibody Remix)

https://www.facebook.com/kantkinofanpage
http://www.kantkino.no/
Amazon.co.jp








[ Categories ] | EBM| Electro| Industrial | Kant Kino |

| Comment | Edit |
[20170215]
For_All_The_Emptiness_convert_20170215204010.jpg

For All The Emptiness - mt ep

過去に2枚のアルバムをしている、Canadaの
For All The Emptinessが、2017年新たなEPである
”mt ep”をリリースした。

残念ながら、これまでのタイトルについては
耳にする機会がなかったのであるが、
今作においては、フックあるリズムトラックを擁する、
Future Popへの志向を強く感じることができる。

煌びやかなPadに加えSolidなLeed、Sawを配した
サウンドメイクはアッパーさを強力に押し出した
ものであると共に、Synth Popとしての側面にも
つながる、まさに正統的なFuture Popと呼ぶことのできるもの。

そして、そのFuture Popとしての体面の重要な素養である
メロディアスなVoラインが、輪郭のはっきりとしたものであり、
感情的でエモーショナルなメロディを誇る、絶大な存在感を示す。

音作りとしては、比較的シンプルなアプローチなのであるが、
そのバランスは素晴らしいものであり、
Future Pop好きな方には是非注目してほしい、
非常に完成度の高いクォリティを体感することができる♪♪♪

”Future Pop is Not Dead”!!!!!

mt_ep_convert_20170215204033.jpg

01 - Seduced By A Disease 05:27
02 - You Hurt 03:24
03 - I'll Remember Confusion 03:41
04 - Hearts Against Minds 04:25
05 - Stronger Than Before 04:04

https://www.facebook.com/foralltheemptiness
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Futurepop| Synthpop | For All The Emptiness |

| Comment | Edit |
[20170214]
Unfocus.jpg

Miseria Ultima - Unfocus

デモタイトルである”Unfocus”をリリースした、
FinlandのDark electro - Aggrotechプロジェクト、
Miseria Ultima。

歪んだディストーションVoiceを擁する
サウンドメイクは、ある意味、Dark electroや
Aggrotechとカテゴライズされる音の中では、
王道を貫く正統的なアプローチと言える。

冷たいLeedやPadによるフレーズが印象的なのだが、
”Shift - To Crimson”ではキャッチーな
コード進行を組み合わせるなどの面白い試みも見受けられる。

疾走感ある”Latter Disarray”、
そしてミドルテンポで恐怖を煽る”Haven In Bane”など、
緩急を持つタイトルとなるのだが、デモということもあり、
荒削りな部分も感じられる。
しかし、デモであるが故に、随所に凝ったのであろう個所や
聴かせたいであろう個所などが垣間見えて、非常に面白い♪

個人的には、Finlandと聞くと、Leningrad cowboysや
Aki Kaurismäkiぐらいしかすぐには思いつかなかったのであるが、
Miseria Ultimaによって、その偏った印象が変わるかもしれない。

Miseria Ultima。今後の活動にも要注目のアーティストだ♪♪♪

Miseria Ultima:
Aleksi Martikainen - Vocals, Lyrics
Kimmo Huhtala - Synths, Programming

01. Submerged
02. Garden Of Abstractions
03. Shift - To Crimson
04. Haven In Bane
05. Latter Disarray
06. Undone
07. Silver Raven

https://www.facebook.com/miseriaultima/




[ Categories ] | Dark-Electro| Harsh-EBM | Miseria Ultima |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.







  • Contact:       Facebook