Artists

...



Label - Distribution - Link





                    zoth ommog


 



Top Page Next

[20170120]
Mari_Kattman_convert_20170120185020.jpg

Mari Kattman - Hover

2016年、Self-releasedにて、First album
”Hover”をリリースした、USのTrip Hopプロジェクト
であるMari Kattman。

ダウナーでいて、浮遊感を伴うEtherealな方向性は、
Female Voによる存在感が、非常に大きいものだ。

比較的、リフの輪郭、リズムがしっかりとした楽曲と、
妖しさと共にある、クールでスタイリッシュな
Voスタイルのバランスは素晴らしいものであり、
楽曲の方向性と相まって、Trip Hopを基調としてはいるのだが、
それに捕らわれることのない、幅の広いアプローチを
体感することができる。

個人的にはElectro Popにその舵を向けた、
”Invisible”、”Full Of Light”が非常におススメです♪

Hover.jpg

01. Heart Over Mind (3:56)
02. Skin (4:18)
03. The Tide (4:24)
04. Hunter (4:09)
05. Hearts On Fire (4:03)
06. Reanimator (4:03)
07. Numb (5:25)
08. Invisible (3:52)
09. Full Of Light (4:44)

https://www.facebook.com/MariKattman/
Amazon.co.jp







[20170117]
Youth_Code_convert_20170117221128.jpg

Youth Code - Commitment To Complications

2016年に、2ndとなる”Commitment To Complications”を
リリースした、USのYouth Code。

2013年にリリースされたDebut Album”Youth Code”では、
あくまでもEBMを基調とした音作りであったのだが、
ここにきてYouth Codeが超絶ともいえる覚醒を果たした。

Mix、そしてプロデュースを手掛けるのが、
Front Line AssemblyやConjure One、Deleriumの
Rhys Fulberであるのだが、その驚きのサウンドは、
まさにDHRのアプローチを強力に押し出す、怒涛のIndustrial。

DHRと比較すると、飛躍的に存在感の増すGtを核とする
サウンドメイクは、レーベルで例えればDynamicaあたりの
ゴリ押しのIndustrialの要素を非常に強く感じ取ることができる。
それは、例えるとするならば、Copticrain+Ambassador21と言った
イメージであろうか。

打ち込み感満載が故に、効果を発揮するリズムトラック
(これがCopticrainっぽい印象)により、体感することができる
アグレッシヴなサウンドは、是非一聴をおススメしたいものだ♪♪♪

Commitment To Complications

01. (Armed) (02:05)
02. Transitions (02:44)
03. Commitment To Complications (03:33)
04. The Dust Of Fallen Rome (04:38)
05. Anagnorisis (04:49)
06. Doghead (05:05)
07. Glass Spitter (02:46)
08. Lacerate Wildly (04:07)
09. Avengement (02:23)
10. Shift Of Dismay (03:20)
11. Lost At Sea (03:44)

https://www.facebook.com/youthcodeforever

Amazon.co.jp




[ Categories ] | Industrial| EBM| Female-Vocalists | Youth Code |

| Comment | Edit |
[20170116]
X-O-PLANET_convert_20170116220417.jpg

X-O-Planet - Passengers

2016年末にXOP_electronicaより、Debut Albumとなる
”Passengers”をリリースした、X-O-Planet。

X-Perienceでの活動に加え、Illuminateの”Grenzgang ”、
さらにはJesus On Extasyの”The Clock”などにも
参加してきたことで知られるManja、そしてGodericによる
New Projectであるのだが、そのキャリアを知れば
興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

EBMライクなダウナーなリズムトラックを擁し、
Female Voにより形作られるサウンドメイクは、
方向性としてはFuture Pop寄りなのではあるのだが、
基本としては、アッパーさを求めることなく、
あくまでもミドルテンポでのSynth Popへと傾倒しているものだ。

楽曲のスタンスとしても、リフやフレーズを求めることなく、
あくまでもコードに沿った音飾による、
Voのメロディライン、存在感に追従するスタンスとなる。

しかし、やはりFemale Voによる透き通った清涼感を伴う
サウンドについては、個人的に看過できないものであり、
聴き進めていく中で、”Anyway”を耳にすることで、
X-O-Planetの魅力が確信に変わった。

RegeneratorやDust Of Basement、Swarfあたりが
好みの方には非常におススメです♪♪♪

Greeaaattt!!!!!!

Passengers.jpg

01 - Prelude
02 - Can’t Sustain
03 - Exoplanet
04 - Seek And Hide
05 - Passengers
06 - Interlude
07 - Remember
08 - Anyway
09 - Vice Versa
10 - Outerspace
11 - Postlude

https://www.facebook.com/XOPlanet/
Amazon.co.jp




[ Categories ] | Female-Vocalists| Synthpop| Futurepop | X-O-Planet |

| Comment | Edit |


Top Page Next


darkvisionofelectronic.jpg

Thanks To : Dark-Entrie Geometry101 S/S & Xu and People around the world .
copyright © 2009 X-99 "DARK VISION OF ELECTRONIC" all rights reserved.

RSS1.0  

...






New Entries !!!



Category




Link

...

X-99

   Author:X-99

   Dark Trancey Sounds and
   Hard Edged Rhythms...
   Reviews From Japan.

< japan f
 
   All images are copyrighted
   by their respective
   copyright owners.



  • Contact:       Facebook